エアコン取り付け・取り外し ~ 無料でお見積り!



エアコンの取り外し、いろいろ面倒な作業があって自分でやるのはやっぱり大変!

引越しの時にどうしようかと考えるのが、エアコンの取り外しです。もちろん業者さんに頼んでもいいのですが、案外、自分でもできそうなのでやってみようかと思いました。

ところが、まあこれが結構大変なのです。

まず専用の工具が必要です。ざっとこんな感じ。ナットの開け閉めで六角レンチ、配線のカットにニッパーにカッターナイフ、それにプラス&マイナスドライバー、ガムテープに軍手。さらにペンチにエアコンキャップと、これをホームセンターで揃えるとなると、5,000円からかかりそうです。

それから、エアコンは室内機と室外機とがあります。ただ取り外せばいいというものでなく、室外機にはポンプダウンという作業が必要になります。

その後に、室内機の取り外し、室外機の取り外し、配管類の取り外し、配管の穴埋め、というのがプロの業者さんの作業手順です。

冷媒ガスの回収。う~、中々メンドクサそう

ちなみに、ポンプダウン作業というのは、取り外し工事の基本で、エアコンの取り外しの際、室内機と配管パイプ内にある冷媒ガスを室外機へ送って回収するというものです。

この冷媒ガスは、規定量を満たされている必要があり、エアコンに冷媒ガスが不足していると補充や入替を行わなければいけません。

そのため、取り外したエアコンを再利用し、正常に作動させるためには、ポンプダウン作業を正しく行うことが必要になります。

ポンプダウン作業の際は室外機の電源を入れ、エアコン内のガスの移動が完了するまで数分間冷房運転して、ガスを閉じ込めます。 その際、ゲージマニホールドという圧力計を使用します。

ポンプダウン作業と配管用の穴埋め、2つの作業が必須

このポンプダウン作業を終えたら、壁の配管用の穴を専用のキャップで塞ぎます。キャップがない場合は、パテと呼ばれる粘土性の樹脂を使います。

これは、穴から雨や風が入らないようにするためですが、もう一つは害虫が壁の中に入り込むのを防ぐためです。これを行わないと、建物がダメになる可能性があり、不動産会社や管理会社によっては、穴埋めに使用するパテの種類まで決めている場合もあるそうです。

エアコンの取り外しでは、まずエアコンの再使用のためにポンプダウン作業、そして配管用の穴埋め作業が必須になるというわけです。

プロの業者さんだとこの工事の所要時間は1台につきおよそ30分程度ということです。これを自分でやるとなるとやはり大変です。

ポンプダウン作業がちゃんとできるか、穴埋めがしっかりできるか、後で面倒なことにならないように、やはり、プロの業者さんにお願いしたほうが手早く的確に作業してもらえそうです。



エアコンサポートセンターがエアコンの取り付け・取り外し工事のお悩みを解決。4つのメリット!

1.低価格
エアコン取り外し・取り付けがセットで 8,250円から!ネットなどで買った新品エアコンの取り付けも 13,000円からとお値打ち。オプション工事も低価格で、業界最安値に挑戦中!

2.全国対応&最短翌日工事可能
エアコンサポートセンターは全国エリア対応です。長距離引越しの際も、引越し元・引越し先のどちらにも伺います。さらに、最短で翌日の工事が可能!

3.1年間の安心保証付き
エアコンサポートセンターは施工保証1年間付き。工事完了後も手厚くサポート。冬場に施工しても翌年の夏も保証期間内なので安心です。

4.真空引き込み方式
真空引き込みとは、エアコンを取り付ける際に、室内機・配管内にある空気を取り除く作業のこと。これを省くと、冷媒ガスと空気が混ざり、エアコンの機能低下や故障につながります。エアコンサポートセンターでは、標準工事料金内にこの作業が含まれています。


エアコンの取り付け・取り外し、工事完了までの流れ


1.まずは無料見積り
エアコン工事に必要な情報をご入力ください。

2.見積りメールを送付
料金・工事内容・注意事項などが記載されたお見積もりを送信。

3.工事日の打ち合わせ
見積もり内容に納得いただけたら、お電話にて工事日の打ち合わせ。

4.申込完了メールを送付
工事日・料金・工事内容・注意事項などが記載された申込完了メールを送信。

5.工事日当日
工事日当日に、訪問時間を担当作業スタッフがご連絡。

6.工事施工
ご依頼いただいた工事を施工し、完了。施工完了日より、1年間は工事に対する保証が付いています。

今すぐ、エアコン工事の無料見積りはこちら >

Copyright © エアコン取り付け・取り外し.net. All Rights Reserved.

UP